アイロンをかけずにアイロンをかける方法

皆さん、こんにちは。今日は、バックパッカーが初めて知っておくべき簡単なヒントです。 あなたがすべてのあなたの服をバックパック、スーツケース、または手荷物に何度も入れると、それはすべてくしゃくしゃになってしまいます。 そして、もしあなたが一人で手荷物を持って旅行したり、できるだけ軽く旅行したならば、あなたはおそらくアイロンを持っていないでしょうね?

そして今、どのように私は服を鉄なしで捨てるのですか?

落ち着いて、すべてが失われるわけではありません。 ほとんどのホテルやホステルにはヘアドライヤーがあります。 それは彼と一緒に服を解体することが可能であることです。

先端は暖かい風を使用して、それが発散する生地を手で伸ばすことです。 もしそうなら、あなたは少し加湿を濡らすことができます。

要約すると、これです:暖かい風+手で軽く引っ張って準備ができてあなたはすでに数分で下着を着ています。

以下のビデオでこれを行う方法を示します。

あなたがこのチップを気に入った場合は、そこで楽しんで共有してください。

ありがとう。 (その他のヒントやストーリーについては、下記のマップにアクセスしてください。

アフリカ アジア ヨーロッパ NORTHAMERICA Honen irakurketa Schlamm, beren Ekintza errepikakor anbiguotasuna oinarritzen - Beste batzuk deitu hipokresia - Dago, zoritxarrez, gainera, Azken urteotan berretsi, Eliza Katolikoak emandako Hego Amerikan (Batez Epochen, Argentinien Alter Txile) diktadura laguntzarekin: ofizialki Hura gaitzetsi bitartean errepresio bortitza Izan zen, Nahiz Alter aurkitu Vatikanoko mantendu gemeinsame banku kontuak Augusto Pinochet. Sind gehiago, adibidez, deigarria von Kroazia bera, unibertsala eskaria "barkamena" Johannes Paul II. iraganean konpromisoa hartu du munduko kristauek, eklatant artzapezpiku Stepinac Seligsprechung von Baten bidez egiaztatzen, Alter Bertan ospatu zuen delituak egiteko Zagreb AMERICA

ヒント

ここにあなたのコメントを残す

%d このようなブロガー: