コロンビアはどうしたらいいですか?

コロンビアへの最初の旅はどうでしたか? ヒント、追跡、歴史について教えてください!

私たちはカルタヘナに行って、国について少し調べました。 私たちに従ってください。

何が魅力?

Ciudad Amurallada(城壁のある都市または城壁のある都市)と歴史的中心部 -徒歩で偵察を行うことをお勧めします。通りは狭く、植民地時代のスタイルと元の寸法(1600年から)が保持されています。 ほとんどの道は片道なので車でのアクセスが難しいので、同じ散歩をすることをお勧めします。 これは、壁を回避してツアーに参加するための最良の方法になります。

トーレデルリロイ(時計塔) -11世紀に建てられ、市内のさまざまな場所から見ることができます。 城壁に囲まれた街の中にあります。 街の創設者/征服者であるペドロ・エレディアの像と他の地元の企業がそこにあります。 塔は城壁に囲まれた街への唯一の入り口でした。 壁は8キロメートル伸び、侵入者からの保護に役立ちました。 今日、XNUMXkmは保存されたままです。 それが置かれている広場では、たくさんのお菓子やおやつを見つけることができます。さらに果物や工芸品がある「ポータル・デ・ロス・ダルシュ」では、これらのアイテムはカルタヘナのほぼすべてに存在します。 歴史といえば、過去にはこの広場はスペイン植民地時代の奴隷貿易サイトとしても使われていました。 これはコロンビアの歴史の悲しい部分であり、今日の人々の精神に影響を与えています。 後で、コロンビアへの訪問中に気づいたことを少しお話します。

魅力に戻って、それはまた美しいを楽しむことは良いです ファサード、色彩 歴史的中心部の建物とは異なります。 隅々まで驚きです! これにより、ウォーキングがより楽しくなります。 良いことは、センターがきれいに保たれていることです。 これは、植民地時代に戻る時間のトンネルの感覚を与えます。 手工芸品、帽子、宝石などを購入したい場合は、ストリートベンダーではなく店舗で購入することをお勧めします。 私たちが強調する理由の中には、最初に価格がより公正であり、固定されており、製品に近い値の表があるためです; 第二に、カラフルなファサードと地元の工芸品で場所を保護するのに役立ちます。

サンフェリペデバラハスの城 -カルタヘナの見どころのひとつです。 ユネスコによって1984年に世界遺産に登録されました。

建設は1657年に始まり、現在の状態に達するまでに123年かかりました。 特に、この場所で最も重要な観光スポットのXNUMXつです。 それはその植民地で作られた最大のスペインの建造物です。 「貴族の住まい」風の城ではなく、要塞となり、植民地を侵略者から守ることを目的に作られています。 その戦略的な位置は、陸と海で敵を見て、彼らが乾燥した土地に到達する前に対応を準備することを可能にしました。 (当時、空中侵入はなかったことを思い出してください)。 それで彼は領土の防衛のために非常に重要でした。 侵入者の尋問にも使われたと思います。 壁の中にはたくさんの秘密の通路と迷路があります。 見に行くときは迷子にならないように気をつけてね!

午後の訪問をお勧めします。 理由:太陽は灼熱で、15:00頃に穏やかになります。 訪問の終わりに、特権的な景色を眺めながら街の美しい夕日を楽しむことはまだ可能です。

ペガサスの工場 -カルタヘナデインディアスの旧主要港の敷地に建てられた記念碑です。 そこでは、金、銀、奴隷が運ばれました。 ちなみに、カルタヘナという名前は、スペインのカルタヘナという街の名前に由来しています。

コロンビア料理 -コロンビアでやるべきことが一つあるとすれば、よく食べることです! 果物はとても新鮮でおいしいです、あなたは前に価格を交渉しなければなりませんそして

購入中でも。 それでも、試してみる価値はあります。 実際、果物に加えて、ココナッツ入りのご飯、魚、そしてそれらのサラダはおいしいです! また、次のような典型的な食品を試すことをお勧めします。パタコン-揚げてトーストしたバナナの一種です。 最後に、しかしおそらくこの美食リストの中で最も重要なのはCAFÉです!

コロンビアのカフェは世界でも最高です! 実際、それははっきりとした香りと香りを持っています。 だから、コロンビアにいるなら、それを証明する時間を取る。

レストランの提案として、私はトラットリアデシルヴィオを離れます。 さて、パスタはイタリア産であり、典型的なコロンビア料理を味わうことはありませんが、このレストランは、おいしい料理と安い料理、そしてその場所の気候にとって価値があります。 周囲の気候と温度自体の両方。 カルタヘナでは夜でもとても暑いことを思い出してください。

コロンビアの歌 -街には継続的なサウンドトラックがあるようです。 リズムはとても踊りやすいです。 Shakira、Carlos Vives、Malumaについては確かに聞いたことがあるでしょう。 (マルマが誰であるかわかりませんか?しかし、あなたはほぼ確実にその歌を知っています…(あなたは私の心を壊しました、しかし私の愛は問題ではありません…)ええ、マルマはそれのスペイン語版を作った人でした。

まあ、彼らはすべてコロンビア人です。

ビーチ -カルタヘナの水でさえ、暖かくて透き通った水があります。 これらは砂のために暗い外観をしていますが。 汚染されておらず、温度は有名なプラヤブランカやイスラスデルロザリオと同じです。

見た目が悪くないことに同意しましょう! (上の夕日の写真はカルタヘナのものです)。 実際、ストリートベンダーを避けてビーチを楽しみたいのであれば、カルタヘナに滞在することを強くお勧めします。 真剣に、そこからプラヤブランカとの違いはただ砂の色です。 そして、それは知る価値があります。

ロザリオの島々 -ボートだけでそこに着く。 ジャンプの多いスピードボートに乗って約XNUMX時間です。 あなたがローラーコースターのファンなら、あなたは乗り心地を気に入るはずですが、そうでなければ、あなたは少し病気になる可能性があります。 ヒントは、ツアーの前に食べ過ぎないことです。 打ち上げの前に、あなたが持っている場合、より大きな落下感があります

冒険心、これはあなたの場所です。 打ち上げ後は転倒感が少ないです。 代償として、水のしぶきはより一定です。 したがって、打ち上げの途中が中間点になってしまいます。 落ちた感じはありますが、それほどではなく、水しぶきがありますが、後ろほど一定ではありません。 どちらがより激しいです。

スピードボートに乗っている間、ビーチのXNUMXつに滞在したり、シュノーケルをしたり、海洋水族館に行ったり、プラヤブランカに行ったりするオプションがあります。 最初に好きなものを選ぶのはあなた次第です。 私たちは、ロザリーの島のXNUMXつでもビーチに滞在することを好みます。 平和、休息、魚、澄んだお湯を楽しんでいます。

プラヤブランカ(ホワイトビーチ)- 今有名なプラヤブランカについて話している、それは本当に美しい、白い砂、水色の水です。 しかし、観光客が途中で遭遇するかもしれないいくつかの問題を報告する必要があるのはここです。

プラヤについて誰も話していないブランカは、海が非常に忙しくて、多くの石があることは白い砂だけではないということです。 この揺れの原因の一部は、ボートとジェットスキーの動きです。

海は、彼らの接近と枝、幹、石を引っ張る波の力のために、彼らが汚れてしまう超過の小屋によってとても清潔ではない。 このビーチでは泳ぐのに細心の注意が必要です。

しかし、これはプラヤブランカのXNUMX番目の問題と比較して何もありません...残念ながら私はあなたに観光客に警告するためにそれについて話す必要があります。

問題は、観光客を強要しようとする過剰なストリートベンダーです-真剣に、これは解決されなければなりません。 XNUMX分あたり平均XNUMXつのベンダーでは、ビーチを楽しむことすらできません。 そして、彼らはあなたが何かを雇うか買う義務があるかのように非常に固執しています。 いいえ、そうではありません。ビーチはまだ公開されており、誰もが利用できます。 観光客は歩くお金の請求書として見られているような気がします。 またはストリートベンダー向けのATM。 =(

観光客に対して適用される最も一般的な打撃の中には(主にプラヤブランカで、しかしカルタヘナの地域全体に広がる):

1と最も一般的な:変更の欠如。 サービスまたは製品の費用が10の場合

ペソとあなたが50万ペソのメモをするとき、あなたが最初に試みることは、特にタクシー、工芸品の販売などで「私は変化がない」と言うことです。 ほとんどすべてのストリートベンダーがこれを行おうとしています。

だから、私は言ったように、お店が好きです。価格はより公平で、彼らはこのようなことをやろうとはしません。

2番目に、バーに、サービスを雇った、または要求していない、または望まない工芸品を購入したと言わせます。 たとえば、プラヤブランカの駐車場では、地元の人として自己紹介し、「自分のサービスを利用できるようにした」という男性から連絡がありました。

方法がどのようになっているのかはすでにわかっていたので、それを無視して別の駐車場に加速しました。 しかし、不幸な男が車を追いかけて来て、他の駐車場で私たちに近づいてきたわけではありません。 そして、追跡が始まりました。 彼は私たちをフォローし続けました、彼が他のストリートベンダーに話すだけでは十分ではありませんでした。 「彼らは私と一緒です!」 「彼らは私の犠牲者です」のように聞こえた何か。 しかし、私たちは彼を解き放つことさえしませんでした。 そして追跡は続いた。 ビーチ小屋に立ち寄ってメニューを見に行った時。 彼はテーブル(価格があった)からXNUMXつを取り、値のない別のメニューと交換しました。 これは、XNUMX番目のタイプの詐欺につながります。

価格なしで物を売る3番目。 -これは、観光客に求められているものを請求する方法であり、公正なものではありません。

もちろん、私たちはそこに何かを求めなかったので、私たちは立ち上がって、私たちを追いかけるまで別の方向に歩いて行きました。

それから、私たちにもう一度近づいた別の人が現れました。 私たちはそこに何かを求めずに辛抱強くし、2番目を取り除くことに成功しました。

ここでは打撃が終わりますが、これはスペインの植民地化の結果であると言えるでしょう。 あたかも彼らがまだ奴隷の精神を持っているかのように。 開発するのではなく、誰かに何かを与えることを期待しています。 彼らはビジネスを設立し、サービスを利用できるようにするよりも詐欺に晒されていることを好む。 たとえコロンビアがすでに解放されていても、フレンドリーな国と美しい国があっても、奴隷は残っています。 しかし、この続編は一部の路上販売業者に根ざしていた。 どちらが悲しいですか。 あなたが手伝って欲しいならば、慈悲を捧げたり、あなたのビジネスやレストランを持っている人を雇ったり、あなたの手工芸品を製造し、店で売る人を雇ったりしないでください。 だから、あなたは勝利し、それらの打撃を抑えたい人を助けます。

ああ、この投稿を終える前に、もうXNUMXつ言及する価値があります(私が知っている巨大なものです...)

カルタヘナ(およびその周辺)の風呂は冷たい、または彼らが言うように...「天然水で」。 夜明けにそこに着いたら、本当のアイスバケットチャレンジの準備をしてください。 大げさですが、それほど寒くはありませんが、暑いので電気シャワーやガスなどはありません。 海水はシャワーよりも暖かく感じました! = D

最後に、結論があります。 コロンビア人は、フレンドリーで幸せで幸せな人です。 しかし、彼らはまだ観光客をより良く扱う方法を学ぶ必要があります。

同様に、観光客は自分のゴミをすべて持ち歩くことを覚えておく必要があります。 水瓶、プラスチックカップ、残りの食べ物、皿など 観光客は他人のビーチを清潔に保つ義務があります! そこを見て、ねえ? 自分で作ったごみを忘れることはありません! ラム!

そして、コロンビア国内または近隣諸国に旅行する初めての船員のための最後のヒントとして、オンラインでの旅行を非常にシンプルで簡単にスケジュールできるBookawayリンクを残します。

フラグをクリックして言語を変更できます。

https://bookaway2.go2cloud.org/SH5

強い抱擁と次の投稿まで!

 

アフリカ アジア ヨーロッパ NORTHAMERICA Honen irakurketa Schlamm, beren Ekintza errepikakor anbiguotasuna oinarritzen - Beste batzuk deitu hipokresia - Dago, zoritxarrez, gainera, Azken urteotan berretsi, Eliza Katolikoak emandako Hego Amerikan (Batez Epochen, Argentinien Alter Txile) diktadura laguntzarekin: ofizialki Hura gaitzetsi bitartean errepresio bortitza Izan zen, Nahiz Alter aurkitu Vatikanoko mantendu gemeinsame banku kontuak Augusto Pinochet. Sind gehiago, adibidez, deigarria von Kroazia bera, unibertsala eskaria "barkamena" Johannes Paul II. iraganean konpromisoa hartu du munduko kristauek, eklatant artzapezpiku Stepinac Seligsprechung von Baten bidez egiaztatzen, Alter Bertan ospatu zuen delituak egiteko Zagreb AMERICA

ヒント Experiência

1コメント コメントを残す >

ここにあなたのコメントを残す

%d このようなブロガー: