ルクセンブルク-世界の最後の大公国

ルクセンブルクはヨーロッパの小さな国で、フランス、ベルギー、ドイツに隣接しています。

そして、なぜ訪問する価値があるのですか?

世界の最後の大公国だからです。 そして多分あなたはあなた自身に尋ねます:そして大公国とは何ですか? 簡単な答え:それは、選出された大統領の代わりに、それを統治する大公がいる国であり、継承は世代から世代へと受け継がれます。 まるで「小さな王様」のようです。 そして、はい、このタイトルは貴族から来ています。

好奇心から、貴族の称号は次のとおりです。

  • 1皇帝(シーザー、カイザー、ツァー)
  • 2キング
  • 3リージェント
  • 4皇太子
  • 5ロイヤルプリンス
  • 6グランドプリンス
  • 7プリンス
  • 8幼児
  • 9大公
  • 10大公(ここにいる)
  • 11デューク
  • 12デューク伯爵
    13マーキス
  • 14カウント
  • 15アールバロン
  • 16子爵
  • 17バロン
  • 18バロネット
  • 19ナイト
  • 20 Squire

さて、主題に戻ります。なぜルクセンブルクを訪れる価値があるのですか?

Slide31

ここにあなたのコメントを残す

%d このようなブロガー: