リガでやるべきこと 新旧の建築を一体化する都市-ラトビア

さて、リガ自体について話す前に、なぜそこにたどり着いたのですか?

世界のすべての国、または少なくともそれらの国のほとんどを知りたいという願望の中で、ラトビアは中途半端で、中途半端はラトビアでした。 エストニアとリトアニア間。😎

驚いたことに、バス運賃はタリンからのフライトよりもばかげて安く、当時は7,00ドルしかかかりませんでした! リガからビリニュスへの出口とUSD 9,00。 つまり、リガは実行可能なオプションであり(中途半端であったため)、経済的な総コストに対して経済的であることが証明されました。 したがって、タリンからビリニュスまで(合計USD USD 16,00)。 エンターテインメントスクリーン、コーヒー、ホットチョコレート、紅茶、水を備えたバスで自由自在に! (一部の低コスト航空会社よりも優れています)。

私の計画は休息を取ることだけだったと告白します。結局のところ、観光はそうする人たちから多くのエネルギーを必要とする活動です。 市内観光をしたかっただけです。

しかし、宿泊と街を散歩した後、彼女はすでに私を魅了しました。 ホテルからの眺めは、ダウガヴァ川にかかるヴァンス(ヴァンシュ)橋でした。

IMG_2397.jpg

ファイターズの記念碑

そして端に ありました ダウガヴァ川で負傷し、またdr死した記憶を扱う戦闘機の記念碑 13 1月の1905。 鉄道橋の近く。 ラトビア語での名前:Piemineklis 1905。

IMG_2455.jpg

写真では小さく見えますが、コンクリートのベースだけが1人より背が高くなっています。 上の写真の背景には、鉄道橋が見えます。

ウォーキングのヒント:

ちなみに、リガを移動する最初のヒントは、記念碑と屋根に印を付けることです。 多くの観光は徒歩で行うことができ、これらの場所はランドマークとして使用できます。 リガの通りは平行ではなく、独自の設計をしていることを強調することが重要です。

したがって、マーキングとしての記念碑の必要性。 さらに、各屋根には作品と好奇心があります! 冗談ではありません。リガには、これまで出会った中で最も調和のとれた異なるアーキテクチャがあります。 次に、屋根を通過した「通過したポイント」にマークを付けます。 例:オンドリの屋根、猫の屋根、十字の屋根、ボートの屋根、鐘、二重、三重の屋根など。

建物の色や形でマークすることもできます。

コモ 第二のヒント 乗り降り自由のツアーバスチケットを購入することをお勧めします。 その理由は? パスの有効期間中に移動するローカルバスとして使用できます。 24時間、または48時間を購入して、何度でもバスに乗り降りできます。 しかし、あなたは彼がどのルートを取るかについて注意する必要があります。 このバスには、いくつかの停留所に統合された2つのルートがあります。 青と緑のコース。 また、スケジュールに注意を払う必要があります。 配布されるパンフレットには、通過する時間と実行される時間が記載されています。 時代について。 私が思い出すように、バスは17の近くで最後のラウンドを行います:00時間。 しかし、それは変わったかもしれません。 リガの夜は素晴らしいので、それは残念です。 しかし、地元のバス路線を知っている、または使用したい場合、市内観光バスは地元のバスよりも数倍高価なので、ツアーをさらに手頃な価格にできます。

もちろん、観光バスを使えば、簡単に特定でき、ルートを知ることができます。 観光スポットについて多くのことを話すオーディオに加えて。 E最大10言語の音声を提供します。 しかし、ポルトガル語はありません。 私は英語で音声を使用しました。

どこから始める?

旧市街を通って(旧市街) 市営広場はどこですか。

ロシアの最高のスタイルの記念碑である3の男性である海兵隊記念碑(ラトビアのRiflemen記念碑)の近く。 そこからは、ツーリストバス(緑または青のルート)と広場でのツーリストサービス、そしていくつかのウォーキングツアーがあります。 だから間違いなくこれは開始するのに最適な場所です。

IMG_2435.jpg広場自体にはすでに訪れるべきものがたくさんあります。 それは観光のために街を訪問したい人にとってほとんど必須です。

広場にはブラックヘッズの家(リガの最も象徴的な場所)があります。 この記念碑の隣にあります。 この場所は非常に象徴的であるため、それだけの投稿に値します。 すぐにやるつもりです。

IMG_2458.jpg

また、この広場の近くには、13世紀の要塞であり、今日も残っているパウダータワーがあります。 しかし、博物館になりました。

IMG_2654.jpg

市内で最も古い聖ペテロ大聖堂。 19世紀の日付。 そして、立ち上がるために改革されています。 (roの屋根)。

IMG_2498.jpg

また、クリスマスの時期なので、世界初のクリスマスツリーのレプリカもあります! はい、それがラトビア人の言うことです。 リガのラトビアの中央広場に位置し、1510からの日付です。

伝説によれば、何人かの男性が森から木材を取りに行って暖かく保つために大きなbonき火を作り、より多くの木材を取り込んでいる間、より大きな松片は後で使用するために取っておかれました。 しかし、周りの子供たちは男性がより多くの木を探している間にその松をトウヒし始めました。

彼らが戻ったとき、彼らはその松の木がすべて子供たちによって飾られているのを見ました。 そして、彼らは彼の近くに横たわって疲れた。 したがって、彼らは松の木の枝の間の空に輝く星を見ました。 それで彼らはそれをitき火として使うのをあきらめました。 そして、毎年この時期に彼らは松の木を持ち込み、この時期にそれを飾りました。

それ以来、このクリスマスツリーを飾る習慣が生まれました。 これは、今日まで世代から世代へと受け継がれていました。

これから、クリスマスライトがどこから来たかを推測することもできます。 そして、なぜ雪の表現が含まれているのですか。 この物語はクールですか?!

そして、最初のクリスマスツリーがほとんど木になったと思うには…

IMG_2469.jpg

そして、正方形のルートから?

また、の建物を見ることができます クレムリン リガはソビエト連邦の一部であり、バルト海の防衛戦線の1つを代表していたためです。 ところで、クレムリンは要塞、または要塞を意味します。 最も有名なのはモスクワです。 (そして、このリンクでモスクワのヒントを確認できます)

IMG_2483.jpg

ラジオとテレビ塔。

また、ラジオやテレビ塔を訪れることもできます。 しかし、彼女が思っているよりも遠くに行くのは間違いではありません。 それはほとんどどこからでも見られるように、ガイドとして使用することができます。

自由の記念碑(BrīvībasPiemineklis)

さて、すべてのモニュメントの中でこれが最も重要です。 自由の記念碑は、非常に要約された方法でリガの物語を伝えます。 そして、ソビエト連邦はラトビアを取り付けていましたが、ラトビアの愛国心に影響を与えたと信じていたため、彼らは記念碑を数回破壊しようとしました。 さて、ラトビアは今日、独立した国なので、彼らは正しかったと言えます。 取り壊せなかった良いことです。

それは、独立した国としての解放と憲法まで、ポリゴンの各面がリガの歴史の一部を伝える記念碑です。

基地には、テンプル騎士団、労働者、作家、第一次世界大戦と第二次世界大戦の軍隊、スウェーデンの侵略、ドイツへの敗北、ロシア併合、解放運動、そして最後に独立があります。 ラトビアには戦争で荒廃した人々がいます。そこでは統治者の影響が興味深い形で入り混じり、多くのオリジナルの習慣(クリスマスツリーなど)が維持されています。 上部の銅と銅の像は自由を表しており、ラトビアの3つの地区を象徴する各手に3つの星を持っています(ヴィゼム, ラトゲール e クールランド)。 各ポリゴン面には異なる画像があります。 現在、記念碑は公開会議の会場として機能しています。 また、42メートルの高さで周囲の場所から見ることができるため、素晴らしい出会いの場です。 ちなみに、バスタイカルナ公園という非常に美しい公園があります。 それはよく調和していて、夕日を見るのに最適です。

リガのアーキテクチャ

この都市では、現在まで13世紀の建築のみが混在しているとします。 各建物には独自のモデル、ファサード、スタイルがあります。

確かにアールヌーボーの首都の建築を楽しむことは非常に興味深いことです。 私が理解しているように、このスタイルは、明白な歴史的パターンを正確に回避しようとしていますが、他の側面も網羅しています。 それは意味の「正直な」形であり、それ自体を配置し、他の要素を持ち込もうとします。 そして、各建築家は自分のスタイルを作る傾向があります。 その後、ニュータウンには大通りがあります。これは、異なる豪華なファサードの本当の競争です。 これは、今日大学になったリガ工科大学によって推進されました。 そして、全世代の建築家がスタイルと環境に対する認識を国境の外に輸出しました。 リガは最終的に、世界のどこでもアールヌーボー様式の建築物が集中する都市となり、その領域の3分の1がこのスタイルで再建されました。 したがって、リガは古い世代と新しい世代の建築を超越していると言えます。 多分それはなぜ通りが平行ではないのかを説明しています。 そして、異なるファサード、広場、レストラン、庭が互いに非常に調和している理由。 それは光景です!

ダウガヴァ川

また、リガの主要な川であり、多くの戦いの場面であるダウガヴァ川自体も見逃せません。 バスの音で、川の底にいるのはテンプル騎士団の1人の宝物であり、フランス国王の要請で彼の船のいくつかと一緒に沈んだと聞いた。 誰がこの宝物を所有しますか? テンプル騎士団の騎士、黒ずみの家の所有者。 しかし、これは今後の投稿のために残るものです。 この最初のラトビア旅行の出発点に戻ります!

あなたがそれを好きなら、そのようなままにして、次の投稿とこの物語の続きを見逃さないように私たちに従ってください。 赤いボタンをクリックしてメールを入力するだけです。 😎👉

アフリカ アジア EUROPE ノース アメリカ Honen irakurketa Schlamm, beren Ekintza errepikakor anbiguotasuna oinarritzen - Beste batzuk deitu hipokresia - Dago, zoritxarrez, gainera, Azken urteotan berretsi, Eliza Katolikoak emandako Hego Amerikan (Batez Epochen, Argentinien Alter Txile) diktadura laguntzarekin: ofizialki Hura gaitzetsi bitartean errepresio bortitza Izan zen, Nahiz Alter aurkitu Vatikanoko mantendu gemeinsame banku kontuak Augusto Pinochet. Sind gehiago, adibidez, deigarria von Kroazia bera, unibertsala eskaria "barkamena" Johannes Paul II. iraganean konpromisoa hartu du munduko kristauek, eklatant artzapezpiku Stepinac Seligsprechung von Baten bidez egiaztatzen, Alter Bertan ospatu zuen delituak egiteko Zagreb 南 アメリカ

ヒント

ロムーロ・ルセナ すべて見る→

旅行体験を共有し、文化と歴史を少し取り入れて、旅行をより平和にすることができます。
私たちは最初の旅行をし、あなたは私たちと一緒に来ます。

2のコメント コメントを残す >

ここにあなたのコメントを残す

フォロー

あなたのEメールを見て確認してください

%d このようなブロガー: