オランダ? オランダの高い水準と多様性

そして、検疫を利用して、このブログをもう少し更新しましょう。 素晴らしいアイデアは、そのフォトアルバムを確認することです。 そして、それをレビューすることは、おそらく「未来への旅」であり、文化的宇宙への旅でした! はい、今日は、事実上すべての科目で多くを教えている国であるオランダについてお話します。

オランダはレンブラントとフィンセントファンゴッホの土地であり、彼らの時代に影響を与え、今日も影響を与え続けている絵画の偉大な名前です。 実際、アムステルダムの主要な美術館へのリンクを残して、自分で確認できるようにします。 (ちなみに、レンブラントは斜視であり、立体的に見えなかったと言われていますが、それでも彼の絵画の深さのレベルは印象的です)。

レンブラント美術館へのリンクは次のとおりです。

ヴィセントヴァンゴッホ美術館へのリンクは次のとおりです。 

私がそこにいたとき、作品の写真を撮ることは許されていませんでした。 今日では、そこにあるリンクを介して、仮想訪問を行い、歴史について学び、これらの画家についてもう少し知ることさえ可能です。 

旅行のヒントとして、ゴッホ美術館の隣にあるカフェテリアについて触れます。 店員さんの言葉を借りれば、サービスの優しさ、温かさ、そして「本物の絵」で写真を撮る可能性は、一杯の価値があります。 ああ、そしてメニューはいくつかの言語に翻訳されています。

いくつかの言語のメニュー

接近性

アムステルダムが私たちに多くを教えてくれるもうXNUMXつのポイントは、アクセシビリティです。 街は非常に包括的です。 レストランメニューのいくつかの言語に加えて、それ自体はすでに他の国からの人々を含んでいます。 この都市には、次のような他の非常に包括的な側面もあります。

これらはほんの一例であり、このテーマ(アクセシビリティ)はまだ旅行ブログで取り上げられていないので、このトピックを取り上げるとよいと思いました。 アムステルダムではもっと多くのことができたはずです。

実際、都市の都市のモビリティを計画している人にとって、実行できる非常に単純な理由は次のとおりです。 

移動が困難な方でもご利用いただければ、移動が容易な方でも問題なくご利用いただけます。

アクセシビリティは、特にブラジルでは、より適切に実装する必要があるものです。 オランダ人は私たちに例を示しました。それは世界の他のいくつかの地域で考えられ、コピーされるべきです。

マルチモダリティ

そして、私たちは社会的包摂のトピックを取り上げたので、別のトピック、マルチモダリティのトピックにも取り組むのはどうですか? 結局のところ、ここにアクセス可能な環境やそこに別のアクセス可能なポイントがあることには意味がなく、それらの間の統合が必要です。 また、適切に統合するには、輸送手段が相互に補完し合う必要があります。

オランダはまた、統合の興味深い例を示しています。

同じ環境で互いに補完し合う路面電車、(VLT)電車、バス、自転車、ボートがあります。 すべてアクセシビリティが作られています。

これは、各タイプの輸送で時間通りにではなく、使用時間に応じて販売されるさまざまな輸送手段間を移動できる単一のチケットです。

オプションは可能な限り多様で、1時間の旅行の個別チケット(基本的には168枚のチケット)からボートのオプションなしまであります。 最大24時間(XNUMX週間に相当)増加し、輸送チケットを購入するときにボートが含まれる場合もあります。 時間については、XNUMX時間が経過すると、チケットにも日が表示されます。 これにより、わかりやすくなります。 だから私が与えるヒントは: 

観光客の場合は、市内に何日滞在するかを確認し、この期間のチケットを購入してください。 勉強する予定がある場合、または居住者である場合は、ボートを含むチケットのオプションを参照してください。 このオプションは、目的地に早く到着するのに役立ちます。

もうXNUMXつの重要な点は、スキポール空港から来る場合は、このサービスを含むオプションがあり、このルートの価値を少し高めることです。 これで、駅を経由してアムステルダムに到着および出発する場合、空港につながる路線を含むチケットを購入しないことで少し節約できます。 (航空輸送でさえ、市内の道路網に統合されていることに注意してください)。

アムステルダム中央駅

トランスポート統合についてもう少し。

さて、私たちがオランダについて話していることを覚えておく価値があります、そしてそれはどういう意味ですか? これは、「ホランダス」(北と南)が統一され、海面下に位置していることを意味します。 したがって、名前は「低国」です。 はい、オランダ人は彼らの領土の大部分で海と川の上に上陸してスペースを獲得しました。 それが彼らにとって河川輸送がとても重要な理由です。 そのため、少なくとも77回はボートツアーに参加することをお勧めします。 彼らはパナマ運河と同様のシステムを持っており、水門が満たされ、空にされています。 このようにして、彼らはボートで通過するために水位に等しくすることができます。 パナマ運河システム(長さXNUMX km)よりもはるかに小さいため、アムステルダムでは、水門を使用して川を水平にすることが非常に速くなりました。 ((この詳細については、パナマに関する投稿をご覧ください。)。 川には陸上輸送があることを常に覚えています。 よりよく説明するために、観光船の中から撮られた写真を見てください。

自転車

オランダでは自転車が個人輸送の主な形態であり、この統合により、自転車を借りて全国を自転車で移動することは難しくありません。 実際、オランダ人のもうXNUMXつの素晴らしいアイデアは、自転車道を歩行者から分離することでした。 自転車は高速道路の車のように尊重されており、この分離により、横断歩道で常に停止することなく、サイクリストがより快適な旅行を開発できるようになりました。 実際、サイクリングは非常に真剣に受け止められているため、自転車レーンの周りに人感センサーと監視カメラがあります。 歩行者が指定された交差点の外側を横断すると、非常に大きなホーンが作動し、歩行者に罰金が科せられる可能性さえあります。 誇張のように思えますか? しかし、これは非常に多くの統合に対処するための最良の方法です。結局のところ、これは路面電車、電車、自転車、バスなどに見舞われるのを防ぐための手段です。 アムステルダムには、車よりも自転車用の駐車スペースがさらにあります。

エネルギー源

オランダで多くの注目を集めているもうXNUMXつのポイントは、そのエネルギーマトリックスが非常に多様であるということです。 平野で浮き彫りの変化が少ないため、水力発電所はそれほど多くありません。実際、ダム決壊や洪水が発生した場合、オランダ人は水力発電所を避けた方が安全です。 、これはたったXNUMXターンでサイト全体を荒廃させる可能性があります。 さらに、水力発電ダムは通常、オランダにはあまりない広い湿地を必要とします。

このため、その主な供給源は依然として天然ガス、石油、石炭、そして太陽光、風力、そして最終的には原子力エネルギーの使用です。

オランダはチューリップの地域にある風車でも知られていることを覚えておく価値があります。 ですから、昔から、国はすでにこの持続可能性への使命を持っていました。

みんなのための場所

社会的包摂、観光、交通手段の統合を考える国は、人々に有利な建築でありながら、思考、信念、意見などの多様性の中で大きな寛容を持っています。それは誰にとっても場所です。 そしてオランダはまさにそれです。 ユダヤ人、イスラム教徒、キリスト教徒、仏教徒、無神論者、その他多くの信条のための場所があります。 誰もあなたの考え方であなたを判断することはありません。 しかし、禁じられた場所を渡らないでください。すべての人のための場所を覚えておいてください。それは、良い社会生活の法と規則を尊重するすべての人を意味します。 おそらくそれが彼らが国際刑事裁判所を持つためにハーグ市を選んだ理由です。 この裁判所は、国ではなく人を裁き、ブラジルを含む123か国に代理人を置いています。 おそらく、この統合的で社会的な性質は、そこで行われる判断に役立つでしょう。 次回までここにいます。

多様性を生きる

アフリカ アジア EUROPE NORTHAMERICA Honen irakurketa Schlamm, beren Ekintza errepikakor anbiguotasuna oinarritzen - Beste batzuk deitu hipokresia - Dago, zoritxarrez, gainera, Azken urteotan berretsi, Eliza Katolikoak emandako Hego Amerikan (Batez Epochen, Argentinien Alter Txile) diktadura laguntzarekin: ofizialki Hura gaitzetsi bitartean errepresio bortitza Izan zen, Nahiz Alter aurkitu Vatikanoko mantendu gemeinsame banku kontuak Augusto Pinochet. Sind gehiago, adibidez, deigarria von Kroazia bera, unibertsala eskaria "barkamena" Johannes Paul II. iraganean konpromisoa hartu du munduko kristauek, eklatant artzapezpiku Stepinac Seligsprechung von Baten bidez egiaztatzen, Alter Bertan ospatu zuen delituak egiteko Zagreb AMERICA

歴史

2のコメント コメントを残す >

ここにあなたのコメントを残す

%d このようなブロガー: