チリへの最初の旅行の火山と奇跡

最近の個人的なイベントのせいでも、家族の人々との関係でも、私は少し感情的です。 これらは私たちの信仰の多くを必要とする診断と病気の間の質問です。 そしてそれは神からの動きを必要とします。
それで私は旅行の奇跡について書くことにしました。 チリへの最初の旅行中に起こったこと。
私は簡単な報告をすることを試みるが、なぜこれを奇跡として分類するのかというニュアンスを失うことはない。

それがすべて始まった方法

2010で私はチリに行きました、その考えはサンティアゴに行きそしてサンティアゴからプエルトモントかプエルトバラに降りる、アンデスを渡りそしてアルゼンチン(バリローチェ)に行くことでした。 そして私は本当にそこに行かなければなりませんでした。 特に私の親友レベッカの後、観光客を訪ねるために活火山があったことを教えてください。 私は火山を訪れたことが一度もありませんでした。 私はすでに脚本を完成させました、しかし、レベッカ、この贈り物を知っている若い女性ですか? 人を納得させるため。 私は全旅行MADE、旅程、ホテルなどでいました。 彼女が来たとき、まるで彼女が何も望んでいないかのように、そして
「ああ、ロムリーニョ、あなたはすでに行っています、なぜあなたは素晴らしい湖の地域にストレッチをしませんか? 彼らはあなたが訪れることができる活発な火山があり、登る権利とすべてのものがあると言います! まだ行っていませんが、行きたいです」。

ああ! 私はアイデアを得ました! もちろん、路線の見直しをしたところ、チリの7ではなく3の街を知ることができました。 それだけで、訪問の時間は最小限になります! 私はそのような火山オソルノの訪問することができるように4日を予約しました。 (それでもまだうまくいっている)それは4が登って火山が近くにあるのを見ることを試みる日数があることを意味する。

雨、寒さ、そしてもっと雨

サンティアゴでは、すべてがうまく静かになりました。 (将来的にはチリの首都について投稿するつもりですが)私の驚いたことに、プエルトモント、プエルトバラとエンセニアダは雨の中でした! そして風邪をひく。 10°Cからゼロまで)。
そして、当時はどのように雨が多かったのか...
プエルトモントのお店の近くのホテルに泊まりました。 あなたが行っている場合しかし、ここでのヒントは、私はプエルトバラの空室をチェックすることをお勧めします。 それはもっと観光客です。 まあ、まだ雨の中、広場のプエルトモントで、私はツアーガイドであるKikeを見つけることができました。 そして当時インターネットを見つけるのが難しいことを考えると、その時はまだツアーガイドを雇っていませんでした。 私は火山を訪れる前にその場でそのサービスを借りました。 そこで私は彼を雇いました。
彼は私にいくつかの脚本を渡して私に言った:それは一年のこの時期にたくさん雨が降っているように見え、そして火山はほとんど目に見えないか上昇することを許されていない。 ここは雨が降るとき7は雲が少し上昇し、それが火山を見ることが可能であるまで連続して数日を過ぎます。 昨日もこの雨季に始まりました。

それは文字通り興奮した「冷たいシャワー」でした。 それは簡単です? 天気をチェックするのを忘れました。 そして、私は自分自身に神への祈りを言っていると思いました。神、すべてを支配し、天候と雨を制御し、毎朝太陽を送るあなた。 この気持ちとこの使命を果たさずにあなたの子供を手放さないでください...私は主が私に思いやりを持たないだろうとは信じていません。 私はブラジルからここに来ました、すべてを灰色で見させないでください! 主はすべての神ですので、太陽を開けてください! あなたの栄光を見せて、開いて、開いて、開いて...

オソルノカバー

そしてこれらの日以内に2は理論的には雲なしで火山オソルノを見るために少なくとも与えることは与えないであろう旅程をマークしました。 考えは、状況が改善され、火山を登る危険性が減ったなら、私はそれをすることができたということでした。
初日、変化なし、そして安全のために温泉に行きました。
あなたが雨の中で8ºC寒いと想像してみてください...

冷蔵庫の中が濡れている感じがしました!
寒さに対抗するために、私たちは火山によって直接加熱される温泉に行き着きました...

火山について話す

ちなみに、私はまだチリとアルゼンチンの間の大きな湖の地域で、私が想像したように1つだけではなく4つの近くの火山があることを言及していません。
近くの火山は次のとおりです。Cabulco、Osorno、Puntiagudo。 下の図で赤でマークされています。 これらはチリ側です。 そして、トロナドール火山は、チリとアルゼンチンの国境に隣接しています。
ルパンコ、ランケウエ、ペトロウエ、チャポ、そして最後にエステロ・レロンカビ湖がこの地域の素晴らしい湖と呼ばれています。

チリの4火山のマーキング

温泉水はこの地域の火山活動によって温められており、およそ40です。 この境界内。 私は暑さのために氷の感触が非常にリラックスしていると言う必要さえありません! あの寒さの中の暖かい水! そして温泉を追跡するために私はビデオを作りました。

カメラがフリーズする可能性があり、機能したのはビデオの録画だけだったと思います。 私が予想していなかったのは、Kikeガイドが途中で入り、ビデオが「ツアーガイドへのインタビュー」になるということでした。
リンクをたどって確認してください。 (YouTubeでも):

私の知るところでは、私のポルトガル語はビデオではひどいのですが、割引を受けてください。 笑 これまで私の人生でスペイン語のレッスンを受けたことがなくスペイン語を話す国への私の最初の旅行でした(そして私はポルトガル語を話します)。 私が良くなるまでね?

信仰

とにかく。 翌日私はオソルノに会うためにまた電話をかけた。 そして私は早くから神に尋ね始めました! 天からの神よ、雲を捨てなさい! してください! そして私はKikeと話しました。 私は言った:今日はオソルノを見に行くよ! そして、彼は私に言った:

「でも今日はXNUMX日目なので、火山が見えないかも…」

私が言った、それは今日私たちがそこに着いたときにそれが太陽を開くのは問題ではありません! 私たちはただ信仰を持っています!

彼は笑い、さらには嘲笑しました…彼はヴァンの他の人に言いました。

「ここに、今日は火山が見えると言ったブラジル人がいます。それが不可能な場合、彼は雲を吹き飛ばして遠くまで吹き飛ばします。そうすれば、私たちは皆、オソルノ火山を見ることができます。

そして誰もが笑った!
そして私は神と話をする途中に行きました。 言って:

「神は今あなたと共にいます。あなたがそうするなら、私はあなたの名前を賛美することができます、あなたがそうしなければ…まあ、彼らは私に恵みを見いだすだけです。 そして、私は不可能を信じるもう一人の人になります。」

そして雨が降ります。 バンに乗ったチリ人の何人かは、「彼がブラジルからここに来たのは残念だ。おそらくオソルノを見ることができないだろう」と言っていた。

とにかく、私たちはここにいます! そして雨はおさまり始めました…まるでゆっくりと昇るカーテンのように…そして雲が去っていきました!
そしてついに雨が休戦をもたらした! 結果は? チリのすべての中で最も美しい画像に従ってください!

チリの火山

そして私がヴァンに戻ったとき、私はキックに言った、「見て! あなたはただ信仰を持っていなければなりません! そして他の人たちも!

信仰が山を動かしているのを見てください! そしてこの場合雨と雲! 信仰に満ちたブラジル人の心を応援することすらありません! (この場合、山のうち4つが火山であることを考えると、山を動かすのはお勧めできません。雨と雲だけを動かすのが最善でした。

そして最後の日に、私は再びオソルノに行きました、天気が安定していたので、登ることにしました。 セキュリティクリアランスが与えられました。

そして...うわー、雲の隣の地平線上で、火山の上にいるという感覚は素晴らしいです!

火山に登ってもOK

そして冒険を完了するために、それでもジップラインを降りることは可能でした。

1.600メートルの高度とジップラインがあります。 言葉で表現しようとしている何か...

腹の中で寒い+高度寒い+自由+美しい景色=センセーショナル。

残念ながら録音することはできませんでした。

この写真だけが降下前に残されました。

結果

ああ、そしてこのブラジル人がオソルノを見ることができないのではないかと心配していたバンスタッフに関しては、結局彼らはまだこの信仰の奇跡を称賛した。 誰もが火山への公園の美しい景色に恵まれていました。 誰もが立ち上がったわけではありませんが、私たちは確かに多くの歴史と人生の経験を持って帰国するでしょう。

そして、氷河を登るような素晴らしいトレーニングをしなくても火山を上り下りしたい人のためのヒントです。 自分の足で、ケーブルカーのオプションがあります。 私はよく登っていたし、それは価値があると思います。 多くのエネルギーと時間を節約します。 もちろん、身長やめまいが怖いのであればお勧めできません。 しかし、ケーブルカーで登るのは簡単です。 誰でも楽しい時間でそれをすることができます。 あなたは高所恐怖症を克服するか、徒歩で氷上を登るためにいくつかの余分なカロリーを費やす必要があります。 あなたが火山の頂上に行きたいのなら、それはそうです。

オソルノピークに乗る

そして、人生はそのようなものであり、信仰を持ち、神と共に歩む、奇跡を見る、信仰なしで歩く...そのような美しい景色や経験がなく、物語がありません。

だから、この人生に少し信仰を持ってください。

要約

要約すると、この話は6画像で語ることができます。

次の投稿まで。 😎

アフリカ アジア ヨーロッパ NORTHAMERICA Honen irakurketa Schlamm, beren Ekintza errepikakor anbiguotasuna oinarritzen - Beste batzuk deitu hipokresia - Dago, zoritxarrez, gainera, Azken urteotan berretsi, Eliza Katolikoak emandako Hego Amerikan (Batez Epochen, Argentinien Alter Txile) diktadura laguntzarekin: ofizialki Hura gaitzetsi bitartean errepresio bortitza Izan zen, Nahiz Alter aurkitu Vatikanoko mantendu gemeinsame banku kontuak Augusto Pinochet. Sind gehiago, adibidez, deigarria von Kroazia bera, unibertsala eskaria "barkamena" Johannes Paul II. iraganean konpromisoa hartu du munduko kristauek, eklatant artzapezpiku Stepinac Seligsprechung von Baten bidez egiaztatzen, Alter Bertan ospatu zuen delituak egiteko Zagreb AMERICA

歴史

1コメント コメントを残す >

ここにあなたのコメントを残す

%d このようなブロガー: